Caf‘e m-alie カフェ マリエ オーナー 長澤 とよ海




―長澤さんは、どのような経緯でこちらにお店を開かれたのですか?
私は北海道出身なんですが、北海道に居た頃は学校の保健室の先生だったんですね。それから、ご縁があって京都に引っ越してきて、小さい頃から勤めるのが夢だったケーキ屋さんで働くようになったんですね。北海道に住んでいた私には、「京都」っていうのが憧れの地で、尚且つその京都で小さい頃から働くことが夢だったケーキ屋さんで働けた!うれしくて夢中でケーキ作りの修行に励みましたよ。それから結婚をして出産をして子育てをしていたんですが、子供のアレルギーで悩んでいるママ友から、「子供に安心して食べさせてあげることの出来るケーキが無い!」っていう相談をよく受けてたんです。「よし!ないなら私が作ろう!」と、自宅の一画で夢だった「スイートショップ ナガサワ」というアレルギーをお持ちの方でも安心して食べられるケーキ屋さんをはじめたんですよ。

―なるほど。前身のお店があったんですね。しかし、アレルギーをお持ちの皆様は嬉しかっただろうなと思います。甘いものを食べる幸せが手に入った訳ですから。それから、現在のこちらのお店を開かれるまではどのようなことがありましたか?
自宅の一画で始めたお店では、とにかく来る日も来る日もケーキを作り続けていました。私のケーキを求めてくださるお客様のため、とにかく作り続けました。大好きなケーキ作りなので度を越えて作りすぎてしまったんですね。体がボロボロになってしまったんですよ。指や手や腕、色々なところが悲鳴をあげていました。そして、作ること難しくなって常設のお店を予約制のお店にしました。体中が痛くて、ゆっくりゆっくりとしか作業が出来ないので予約制にして作る数を減らしたんですね。そんな時に、「自分で作れなくても、人に教えることはできる。」そう思ったんですね。それから、「アレルギーでも何も気にしないで食事が出来て、心も身体も満たされる場所を提供したい。」そんな思いをカタチにすべく現在のこちらのお店を開きました。

―「アレルギーでも何も気にしないで食事が出来て、心も身体も満たされる」って、すごくステキですね。こちらの場所を選ばれたのには何か理由があるのでしょうか?
最寄り駅の近鉄「小倉」駅、そこからお店までの道中、そしてお店の入り口からお店の中まで、その全てがバリアフリーなんですよ。そんな物件が他に無かったのでここを選びました。

―僕も近鉄で来ましたが、そう言われるとバリアフリーですね!道路の多少の段差はあるにしても、車椅子等では通れないような段差はありませんでした!お越しになるお客様のことを本当に考えていらっしゃいますね。こちらは、地域密着型のカフェという印象を受けますが、地域の皆様へは、どのような思いをお持ちですか?
日常生活の中には、いろんなストレスや疲れがありますよね。家事や育児、お仕事や、勉強等々。そんないろんなストレスや疲れをリセットできる空間の提供や、心身ともに元気になれる食事を提供できるお店。地域の皆様にとってそんなお店でありたいと考えています。「カフェ マリエ」っていうお店の名前ですけど、お店を使う人によって、「カフェ」であったり、「ケーキ屋さん」であったり、はたまた「ごはん屋さん」であったりという風に見え方が違ってもいいと思っています。また、ケーキっていうのは、色々な人と幸せをつなぐとても素晴らしいツールだと思うんですよ。私たちのケーキで地域の色々な皆様の幸せをつなぐお手伝いをしていきたいですね。

―なるほど。ますます素敵ですね!単純な街のケーキ屋さんやカフェではないんですね。そんな長澤さんの思いをスタッフの皆様にどのように伝えていらっしゃいますか?
「お店のミスは全員のミス」これを、スタッフの皆には伝えています。皆がそう考えられるように、うちのお店では、キッチンやホールといった持ち場を、全員で回すようにしているんです。男性スタッフはキッチンで、女性スタッフはホール。うちではそんな風に固定することはありません。なぜかというと、スタッフの皆にお客様の笑顔や喜ばれている姿を見て、自分自身で喜びを感じて欲しいんです。また、私のお店では、2年間勤めて、本人の仕事に対する姿勢や考え方や思いの全てが、「製菓衛生師」や「調理師」になるに相応しいと私が判断した場合だけ、それら資格の試験を受験するのに必要な受験資格を証明してあげるんですね。

―なんかすごい。そんなことしてくれるお店があるんですね。将来、製菓や調理の道に進もうと考えていらっしゃる皆様にはとても素晴らしい制度ですね。そんなスタッフの皆様と、お店の今後についてどのようなことを話され、長澤さんご自身はどのようにお考えですか?
もう昨年から続くことですが、このコロナ禍で外出したり、外食したりすることが思うように出来ませんよね。そんな中でも、皆さんに喜んで頂くにはどうすればいいか?なんてことを全員で話しています。そして、「ケーキ+α」をテーマにしていて、「+α」で喜んでもらおうと色々考えています。。今企画しているパーティーセットは正にそれを象徴するような企画です。「ケーキ+食事」を自宅で楽しんでもらえたらと考えています。こんな風にお客様の楽しい時間を演出したり、私もスタッフの皆も一緒にお客様との幸せな時間を共有したいと心から考えています。