株式会社 ビーブロックス一級建築士事務所 代表取締役 岡本 順子



―岡本社長が建築設計の道を志されるようになったキッカケはどんなことでしたか?
私が高校3年のとき、イルミネーションが流行ったんですね。それで、母に何気なく「こういうのやりたい。」って言うと、「それやったら建築ちゃうか?」って言われたんです。それから、学校の先生にも相談したのですが、私は文系だったので建築は理系じゃないと難しいと言われました。でも、芸術系の大学の建築なら可能性があると言われたのでそこを目指すことにしました。それから、文系バリバリの私が芸大を受験するために、アトリエに通って絵の猛勉強をはじめて、京都芸術大学の環境デザインコースへ進むことが出来ました。これが、建築の道に進む第一歩でした。

―なるほど。芸術の世界は何と言いますか独特なイメージがあります。それから、就職されて独立されるまでの事を教えてください。
確かに芸術の世界は、独特だと思います。私が、初めて芸術と触れ合ったアトリエなんて今思い返しても変わった人が多かったなと思います。でも、そこでメチャクチャ絵が上手くて才能に溢れている天才のような人でも、メチャクチャ沢山の絵をかいて努力しているという現実を見ましたし、そんな人たちに追い付こうとするのであれば、彼らよりも沢山の絵を書いたりする努力をすることが当然だということを学びました。それから、とにかく沢山の絵を書くなんてことを続けているうちに評価もされるようになり、自信が持てるようになりました。そういう経験をすることで絵も劇的に上達したように思います。そして、100点がない芸術の世界に心地よさを感じながら過ごした大学生活も終わりを迎えようとしていたタイミングで、大学教授の元教え子さんの経営している設計事務所へ就職することが決まったんです。

―いよいよ本格的に設計の世界に入られたんですね。設計事務所の修業時代は相当ハードだと聞きますがどうでしたか?
確かにハードでしたが、それよりも最初にお世話になった先生はハラスメントとでも言うのか何と言うのか、そういのに私は馴染めず3か月で辞めてしまいました。それから、次は助教授の紹介で宇治の設計事務所に入らせてもらいました。お給料はゼロ円で。働くっていう事を考えると有り得ないというか考えられないのですが、ゼロだから純粋に「教えてもらっている。」と、思うことが出来たんです。「給料分は売り上げを上げないと!」みたいなことがありませんから。教えてもらうと言っても手取り足取り教えてもらうるはずもなく、毎朝ゴミ箱をひっくり返して、先輩の捨てた図面を拾って家に持ち帰り、しわを伸ばして破れているところをセロハンテープでとめてトレースする。そんなことを続けていました。アトリエや芸大での経験で、大量に書けば上手くなるということは分かっていただのでとにかく大量に書きました。そうしているうちに少しづつ認めてもらえるようになっていったんです。

―お給料がゼロ…。究極ですね…。それからどうされたんですか?僕には全く未知の世界なので想像もつかないのですが。
その事務所では結局色々な仕事を任せてもらえるようになり、様々な経験をさせて頂きました。その時間の流れの中で、結婚したんです。その当時、さすがにお給料がゼロと言う訳ではありませんでしたが、数万円でした。結婚して数万円ではさすがに…ということで、一般的?なお給料の頂ける設計会社に転職しました。それから、程なくして子供にも恵まれたんです。子供が産まれてからも私は仕事を続けていましたから、私が仕事中の子供の世話は私の母がしてくれていました。好きな仕事ですから、仕事は楽しいんですけど、子供の事を無視するわけにはいきません。ですから、仕事よりも子供を優先する場面が出てくる訳ですが、その度にクライアントや関係先に謝る訳です。そして、仕事をするときには母や子供に謝って。「私、何してるんやろ…。」って思ったんです。それで疲れてしまって、仕事を辞めて専業主婦になったんです。

―なるほど。バリバリ働かれていたところからの専業主婦。そして、そこから起業。この辺りはどんな感じだったんですか?
主婦って楽しいなぁなんて思いながら3か月ほどが経過した頃、昔のお客さんや関係先から「空き時間に図面を書いてくれないか?」ってお願いされて、家事や育児の合間に図面を書くようになったんです。それから、「屋号決めたら?」とか、「屋号決まったんならホームページ作ったら?」とか、「店舗設計でSEO掛けたら?」とか、周りのみなさんに色々助けてもらって今の事務所の原型が出来ました。法人にしたのは昨年の事です。

―今に至るまで、色々なご経験をされて社長になられたんですね。急にカタい質問をしますが、経営者として大切にされていることはなんでしょうか?
芸大に行くことを応援してくれた親、起業してから一級建築士の試験勉強をする時間を作ってくれた夫、私の引いた図面通り作ってくれる大工さんや電気屋さん。起業してから、一人で仕事をしているんじゃない。周りの皆様に感謝しないといけないということを心から学びました。私を取り巻く皆の力を合わせて、お客様の思い描く空間を実現させていくことが私たちの社会貢献であり、そうすることが私の使命だと、そんな思いを大切にしています。

―ありがとうございます。そういう社会貢献ってステキですね。昨年法人化された訳ですが、それも踏まえて今後についてお聞かせください。
法人化した以上は、とことんまでやってやろうと考えています。株式会社にしたのに、傍から見たら以前と何にも変わってないとか、設計士が私だけとかって、別に良いのかもしれませんが、私の中では整合性が合わないんですよ。私の中で整合性を合わせるために、5,6人の設計士を抱える設計事務所にはしたいと考えています。そして、私たちの年代の設計士全員のヒーローである安藤忠雄さんのように、自分を曲げず貫き通すことが自分にもできたらなと思っています。それを叶えるために、今までは表現性を磨いて来ましたが、これからは一人の人間として経営者として人間性を磨いていこうと日々勉強しています。